カニをおいしく食べる:カニの鮮度

カニの鮮度

  1. 保管と発送は、冷蔵?冷凍?
  2. 茹でたらすぐ食べる!
  3. 獲ってから即ゆでる
  4. カニが活き活きしている
  • カニが活き活きしている

    獲れてすぐのカニは勿論活き活きしてます。
    ただし、1週間~2週間も店頭の水槽に入っている場合、
    徐々に弱ってしまっている可能性があるので要注意

  • 獲ってから即ゆでる

    アブラガニなど、獲ってから3、4日経つと味が落ちてきますから
    逆に即茹で発送のほうが向いていることがあります。
    茹で技術はかなりカニの味を左右します!
    自分でできるなら活ガニ。
    できなそうなら、、ちゃんと茹でる技術をもった販売店に注文!
    味は茹でる塩加減、お湯加減。ビバノンノ♪

※浜ゆでとは、昔即茹でることがおいしさにつながっていたことから
浜で茹でていたことに由来しているそうです。ですので、、、
朝茹で(獲れたてであることも重要)が、現代的な表現で重要なポイントと思います

  • 茹でたらすぐ食べる!

    25年前に食べた、北海道の獲れたて茹でたてのカニが今でもわすれられません。
    当時、子供だったため、どこだったのか記憶にないですが、浜辺沿いにある
    仮屋のような突貫工事のお店(漁期の時だけだったのでしょうか?)で
    カニ好きになった思い出の獲れたて茹でたてタラバガニでした。

    現地で獲れたて、朝ゆでで食べるものが最高かもしれませんが、、
    最近の輸送技術はかなりのものです。どこにいてもおいしいカニがたべられます!
    便利な世の中になりました!!

  • 保管と発送は、冷蔵?冷凍?

    活ガニまたは、茹でたてであれば、冷蔵で送られてくるものが個人的には好きです。
    冷凍のカニも、ちゃんとした実績のある販売店であれば、
    あとは届いてからのカニの解凍の腕次第となります。
    冷凍カニでギュッと濃縮され、平日に届いたカニを週末ゆっくり楽しむのも
    運輸状況に左右されず安心かもしれません。

スポンサーリンク