30代のストレス発散(カラオケ)

■ストレス発散

誰しも、それぞれのストレス発散法があるなかで、

カラオケは昔から多くの人に愛されてきた発散法の一つだと思います。

単にカラオケといっても、カラオケルームでカラオケをする場合でも、

実際に歌うもよし、

話をするもよし、

お酒を飲むもよし

ゲームをするもよし

場所さえ確保できてしまえば、楽しみ方はそれぞれです。

最近のカラオケでは、昔のような安いお酒ではなく、女性受けするようなおいしいお酒を置いているところも珍しくありません

昨日いってきたカラオケも、飲み放題にシャンパンや日本酒の澪をラインナップにいれていてかなり楽しむことができました。

■深夜1時を過ぎた場合のカラオケでの提案

まずは、履歴を眺めます。とりあえず、履歴にある曲をいれまくります。

バックミュージックの選定です。

次に、話をします。集まったメンツによりお題を決め、

できれば、いつも言えないようなことをテーマに進めることが理想です

■カラオケ

カラオケそのものをいきなり歌うのは、意外とトップバッターだれにするかなど

気を使うこともあります。メンバーによりますが、

上記のような始め方により、誰とはなしに歌い始めることができます。

好きな曲がかかると意外と口ずさんだり、体を揺らしたり

それとなく楽しめます。

■自由

基本的なスタンスは自由であるべきです。

マイクを持って歌ってもよいですし、無理に今までの形にはまらなくてもよいのです

 マイクを持ちたい人は持てばいいし、立ちたい人は立てばいいし、

歌うのがつかれたら休めばいい。

歌うだけにこだわらなくてよい。

ジャズの流れるバーでくつろぐように過ごしてもいい。

あくまでも一つの形としての提案です。

次々に歌い上げてもいいですし、楽しみ方のバリエーションはいかようにもあるという発想。

スタートの仕方が、自由にはじまったなら、自由に過ごせる。

そのためにも、歌わないバックミュージックでいろいろ入れておくと、

なんとなくいい間ができ、おしゃべりもしやすくなります。

※意外とボリュームをはじめは下げておくと、みんなで話すのが楽しかったりマス。

■楽しみ方

30代を超えると、気軽に誰かの家にいって。。といった自宅飲みがむずかしく

どこか場所を抑えるという意味で、飲み屋、カラオケが使われることが多いです。

そんなときの楽しみ方を考えてみます。

・歌う

今までのように歌った踊ったり。叫んだり。でも、意外と体力が持たなかったり、、

歌うにも楽しむのにも体力がいります。

上記のように自由な感じなら、歌うのが苦手な人も、聞いてるだけでいい人も

楽しめると思いますよ

・話をする

カラオケにいってまで。。と思うかもしれませんが、話をするのが楽しいから

飲みに行くっていうのもありますし、意外と好きな曲をかけながら話に

集中できていいものですよ。

いつもと違う感じと、完全な防音対策で、気持ちも高まって話しやすいかも!

ただし、狭い個室のカラオケではなく、少し広めのほうが、窮屈じゃなくていいですよね

・お酒を飲む

意外と持ち込みOKなところも増えてきてるので、いいお酒を一つ持って行ってはどうでしょう。

また、カラオケのできるお店によっては、楽しくなるようなラインナップなところもありますよ

・ゲームをする

少し前ですと、DSやPSPなどの携帯ゲーム機をもちよって、「ひとかりいこうぜ」なんてこともしていたのでは?

携帯ゲームでなくても、ミニファミコンなどを持ち込み、TVにつなげれば、、、みんなでパーティできちゃいます。

30、40代付近の年代なら、意外と熱中しちゃいます。お店に置いておいてもらえたら、いいのになぁ。そこは、自分で用意して持っていくことになりますが、、結構ちっさいので持って行ってやるのもいいですよ!

スポンサーリンク