次亜水の商品リスト

次亜水といっても色々あるので、次亜塩素酸水で調べた知識をベースに各種商品の内容を調べていく。

まずは、Amazonで『次亜水』とキーワードを入れた場合のヒットした商品を並べていく。

今回は、酸性、アルカリ性、ppm、薄めるタイプかそのままのタイプかを重点的に見ていく。

また、生産方法、保存期間が明記されていれば、同様に調べる。

スポンサーリンク

「スーパー次亜水」

次亜塩素酸ナトリウムを希塩酸で調整した「弱酸性次亜塩素酸水」

pHを弱酸性に調整している。

「スーパー次亜水」という言い方で表現。

【品名】HSP「スーパー次亜水」

【成分】(弱酸性次亜塩素酸水溶液)

【容量】20L

【使用期限】製造年月日から1ヶ月

【 価格 】7150円(税込み)

商品名 次亜塩素酸@クリア

・名称:次亜塩素酸@クリア
・原材料名:純水、造留塩
・商品区分:消臭除菌水
・内容量:2L
・消費期限:製造後8か月
・保存方法:冷暗所に保管してください

製造方法は、食塩水を電気分解することを基本とし、

性能上は7000ppm可能なところを500ppmに抑えて製造。

2Lで用途に合わせて希釈するタイプ

価格は、1,980円/2L。または、 価格 5,500円 (税込) /20L

pH5.8

電解次亜水生成器

電解次亜水生成装置 FEクリーン水

下記の記載での売り出しをしている

1.強力な殺菌効果
  野菜や肉・魚などの殺菌、調理器具や加工機械に付着した細菌を洗浄・除菌します。
2.食材を傷めない
pHがほぼ中性(弱アルカリ性)で食材への影響が少なく、殺菌後のすすぎが簡単です。
3.汚れやニオイも除去
ニオイのもとになる汚れや雑菌を除去することで、消臭効果を発揮、ホースを付けて床・排水溝などにも使用すると効果的です。
4.人と環境に優しい
pHがほぼ中性で、手荒れの心配も少なく、原料は水と食塩なので、環境にも優しい殺菌水です。

i-CL Series

塩水を電気分解することによって生成される次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする弱アルカリ性の除菌水

厚生労働省通達文 :平成11年6月25日(当時)厚生省発信の衛化第31号『いわゆる電解水の取扱いについて』において、食品衛生法に 基づき定められている『次亜塩素酸ナトリウム』を希釈したものと同等であるとされています

食中毒事故の原因となります菌の除菌に効果があります。

電解次亜水による洗浄方法

◆食材の洗浄

電解次亜水は、漬け込み除菌ではなく流水除菌

① 水で汚れをしっかり除去

②電解次亜水ですすぐ

③みずですすぐ

調理器具の洗浄

①洗剤等であらう

② 電解次亜水ですすぐ

③ みずですすぐ

そのほか、

野菜、魚、肉

調理機器、布巾

金属製の器具・機械等に電解次亜水を使用後は、水道水ですすぐ

電解次亜水 次亜塩素酸の含有率は約20% 薬剤の次亜塩素酸ナトリウムの約3%と比較すると高いた め、低濃度の有効塩素濃度でも効果がある。 ※衛化第31号平成11年6月25日より、「次亜塩素酸ナトリウム」を希 釈したものと同等であるとされ、食品への使用が可能である。

電解次亜水生成装置 ( KEC-P01 )

使われるところ例

・カット野菜工場、漬物工場などの野菜洗浄
・豆腐工場の浸漬水
・スーパーマーケットのバックヤード、PCセンター
・食品工場、惣菜工場の食材洗浄、工場内洗浄
・海水、井戸水の除菌
・水産加工工場の鮮魚加工(マグロ工場など)
・精肉加工工場、鶏肉加工工場の衛生管理
・セントラルキッチン
・プール、温泉施設(塩素のかわりに使えます)

<使用用途>
・野菜、果実洗浄
・魚介類洗浄
・肉(鶏肉・ホルモン)洗浄
・調理器具洗浄(包丁・まな板等)
・衛生管理(食中毒対策)手指、布巾、タオル、白衣、エプロン、長靴
・清掃(食品機器、作業台、床、側溝、壁)

「除菌・消臭・漂白・洗浄」の用途

原料は、水・食塩・電気のみからつくられる弱アルカリ性の除菌洗浄水です食品添加物認定水のため、直接食材に使用できます低濃度でも優れた除菌効果を発揮します電解次亜水40ppmは次亜塩素酸ナトリウム200ppmとほぼ同等の除菌性能を有します。次亜塩素酸ナトリウムと比較すると、臭いが少なく(臭い移りの低減)、中性に近い(肌にやさしい)といったメリットがあります人・食材・環境に優しい除菌洗浄水です薬剤を一切使用しません。また低濃度で除菌できるため、食材・機器へのダメージも少なく、手指洗浄をしても手荒れの心配はほとんどありません

厚生労働省食品添加物認定水 「電解次亜水」

コロナウィルス感染症に関する清掃・消毒について

【水に戻る?!】次亜塩素酸水について詳しく解説!次亜塩素酸ナトリウムとの違い?

コメント

タイトルとURLをコピーしました