Googleアナリティクスに登録!ざっくり導入までを3分で確認

Googleアナリティクスの使い方をざっくり確認したい!

とりあえず、どんなことしなきゃいけないかを流れだけ知りたい!

ななめ読みで、3分!

情報をさらりとまとめました。

ラーメンができるまでにななめ読み!

Googleアナリティクスの導入。簡単ななめ読み!

1.Googleアカウントを作成

Googleアナリティクスに登録するGoogleアカウントが必要になるので

googleさんで、アカウントを作成します。

Gmailやgoogleドキュメントなどをつかっていれば、

すでに持っているアカウントになります。

2.Googleアナリティクスアカウントを作成

1番で作成したアカウントをもとに、Googleアナリティクスアカウントを作成します。

次に示す、5つの項目を入力、登録します。

登録ができると、

トラッキングIDやグローバル サイトタグといったものが発行されます。

このトラッキングコードをページのHTMLに設置することで、

googleアナリティクスでは、サイトのアクセス分析などをおこないます。

Simplecityのテーマを使っていたり、

プラグイン「All in One SEO」を導入している場合は、

トラキングIDを自分のサイトに設定するだけなので、手順が楽になります。

ウェブサイト名:

登録したいウェブサイト名(「http://」または「https://」を選択して、テキスト入力のとこは、後ろの部分だけ!

URL末尾は、スラッシュをいれないようにきをつけてください

業種

サイトのテーマが一番近い業種を設定しましょう

なんと、選択した業種にあわせて、Googleアナリティクスが動いてくれるようになります。

レポートのタイムゾーン

Googleアナリティクスが解析、分析してくれた結果を見る際、

「どこの国の時間で報告しましょうか?」という設定です。

私の場合は、日本に住んでいて、日本基準でみたいので、日本ですね。

データ共有設定

解析した結果とかを共有したくない場合に設定します。

データを共有したくない項目があればチェックをはずします。特に気にならなければ、推奨のままで問題ありません。

3.トラッキングコードを設置

すべてのページに、トラッキングコードを設置する必要があります。

ただし、先に述べたように

Simplecityのテーマを使っていたり、

プラグイン「All in One SEO」を導入している場合は、

トラキングIDを自分のサイトに設定するだけなので、手順が楽になります。

ここまでできれば、googleアナリティクスがつかえるようになります!

簡単ですね。

では具体的に、どうすればいいのか?

特に、トラキングIDの設定が”みそ”になるので、

設定の仕方を説明しましょう。

トラッキングIDを設定する

では、トラッキングコードの設置の仕方を説明します。

SimpleCityのテーマで設定するか、

プラグイン「All in One SEO」を利用して設定するか

どちらかをやれば大丈夫です。

SimpleCityのテーマを使って、設定する

参考サイトはこちら

手順1)Wordpress管理画面の「外観」→「カスタマイズ」

手順2)テーマカスタマイザーが開いたら、「アクセス解析」項目を選択

手順3)「Google AnalyticsトラッキングID」項目に「トラッキングID」を入力

「analytics.js(ユニバーサルアナリティクス + ユーザー属性、インタレスト対応)」

を設定すること推奨となってます。

プラグイン「All in One SEO」を利用して設定

プラグインの「All in One SEO」を使用することで、設定が楽になります。

参考サイトはこちら

まとめ

以上で、簡単Googleアナリティクスの設定説明となります。

Simply Cityで、サイトを作成した際に設定方法を忘れがちになるので、

ポイントだけまとめてみました。

スポンサーリンク